Thursday Feb 03, 2022

アメリカ唯一の固有種オウムに何が起こったのか?

100年前の今日、ある種族の最後の生き残りが息を引き取りました。 (出典:スミソニアン協会、… 国立自然史博物館 脊椎動物学部門 鳥類学 / CC BY-NC-SA 3.0)

Smithsonian Institution via a Creative Commons license

芸術作品の美しさと才能は、その最初の物質的表現が破壊されても、再認識することができるかもしれない。”

— Charles William “Will” Beebe (29 July 1877 – 4 June 1962)

100年前の今日、最後のカロライナインコConuropsis carolinensisのオスの名前Incasはシンシナティ動物園の飼育下で死亡しました。 一見、自然死のように見えますが、30年以上連れ添ったレディ・ジェーンが数ヶ月前に亡くなったため、インカは失恋で死んだと噂されました。 インカとレディ・ジェーンは、皮肉にも、4年前に死んだ最後の旅鳩マーサと同じ囲いに移されたのである。 (マーサと旅客鳩については、こちら、こちら、こちら、こちら、こちら)

カロライナインコは中型で尾の長いインコで、ほとんどが緑の羽で、時々はっきりと青みがあり、首と頬は黄色、頭は赤かオレンジ、そして薄い角色した嘴をしている。

体の大きさや羽の色が異なることから、2つの亜種(西部亜種C. c. ludovicianusは移動性で、より親しまれている東部亜種C. c. carolinensisは定住性)が存在したことはかなり確実であると考えられています。

カロライナインコはかつてアメリカ南東部から中南部の低地の落葉樹林や林縁に生息し、しばしばケインブレイクの生息地やその近辺で見られました。 現在ではほとんど見られなくなったが、カネブレイクは北米に自生する唯一の竹類であるジャイアント(リバー)ケーン(Arundinaria gigantea)が生息する湿地や河川の生態系として重要であった。 リバーケインは現在では絶滅危惧種であり、それに依存する鳥や蝶などの種も同様であるが、この植物はかつてアメリカ南東部の森林に覆われた河川流域に広く分布し、その範囲は西はオクラホマやテキサス、北はメリーランドまで及んでいたという。

ヨーロッパからの入植者が、後のアメリカ合衆国に侵入したとき、彼らは農場や都市を作るために、カロライナインコの生息地であるユニークな渓谷や広大な東部落葉樹林をすぐに破壊してしまったのです。 しかし、適応力のあるカロライナインコは簡単には負けなかった。彼らは、栽培された果物やトウモロコシなどの穀物を食べるようになり、その習慣はすぐに農家の怒りを買い、害鳥として執拗に追い詰められ、射殺されてしまったのである。

「群れ全体が、倒れている仲間の周りを何度も旋回し、私が立っていた場所から20ヤード以内の低い木に再び落ち着いた」と、1808年にこのインコの大群を虐殺した自身の乱射事件について、いわゆる自然主義者のアレキサンダー・ウィルソンが書いています。 1808年、アレクサンダー・ウィルソンは、このインコの大群を大量に射殺したときのことを、いわゆる博物学者として書いている。「射殺するたびに、何羽かが倒れたが、生き残った者たちの愛情はむしろ増しているようだった」

残念ながら、彼らは在来の野生動物を絶滅させ、家畜の飼育動物や作物の植物に置き換えようと急いでいたので、ごく少数の農民や自然主義者のみがカロライナインコがコガネメンドリを特に好むので彼らに有益だということに気づいたのだ。 オカトラノオは、肝臓に特に毒性のあるグルコシド系の毒を含む植物で、広く栽培されている。 カロライナインコは、この植物やその種子を食べても害がないことが知られている唯一の種である。 しかし、その毒性は、殺して食べた動物にも伝染した可能性がある。 画家ジョン・ジェームズ・オーデュボンは、カロライナインコを食べた飼い猫が死んだと記している。 (オーデュボンはまた、これらのオウムが「耐性のある食べ物」であると述べているが、これは、人間はこれらのオウムを食べることができたのに、なぜ猫はできなかったのかという疑問を提起している)

農家がこれらのオウムを害虫として駆除したときでさえ、彼らはまた、乗客バトと同様に楽しみとして殺され、そのカラフルな体と羽が女性の帽子にあしらわれて、卑猥なファッションを表現できるようになった。

活発で魅力的なカロライナインコは、スミソニアン博物館の動物学者で、カロライナインコのヒナを手で育てたポール・バーシュによると、楽しいペットになったそうです。 スミソニアン博物館の動物学者ポール・バーシュは、カロライナインコのヒナを手で育て、ペットというより、「ドゥードル」と名付けた大切な家族の一員になったのだそうだ。

この種は飼育下で簡単に繁殖できるにもかかわらず、また、野生の個体数が急速に減少していることをよく理解していたにもかかわらず、民間の鳥類学者や動物園は、カロライナインコの飼育下繁殖や将来の種の保存に真剣に取り組まなかったのである。

自分たちがしたことの重大さに嫌気がさしたのか、あるいはもっと危険な狩猟動物、つまり大戦中の仲間を追い詰めて殺すことに気を取られたのか、カロライナインコがフロリダ中央部の「良い生息地」と思われる場所に制限された後、怒った農民たちは正気に戻ったか、血のスポーツに飽きたようだった。 1860年以降、フロリダ州以外でオウムが目撃されることはほとんどなかったが、それでもこの鳥は人間の迫害から逃れることはできなかった。最後の野生のオウムとして知られているのは、1904年にフロリダ州オキチョビー郡で射殺されたものだ。 バルチ博士の愛しい仲間、ドゥードルズは、当時この種の最後の生き残りとして認識されていたが、インカやレディ・ジェーンの数年前、1914年に死んだ。 1920年代には、目撃情報がないまま数十年が経過し、絶滅したと考えられていた。 しかし、どんな絶滅でもそうであるように、このインコの群れがフロリダの最も深くて暗い沼地でどうにか生き延びているという噂がささやかれたが、50年かそこらでその噂さえも消えてしまった。 大規模な生息地の破壊でしょうか。 乱射事件か? 私たちの判断では、病気は、フロリダ中央部でこの種が最終的に消滅したという入手可能な情報と最も一致する脅威であるが、この地域での以前の減少は、射撃やペット売買のための捕獲など、他のストレスによって部分的に生み出されたと思われる」と、ノエル スナイダーとキース ラッセル(参考文献)は記しています。

他の専門家は、病気と巣穴をめぐる逃亡ミツバチとの競争が、カロライナインコの絶滅の最終原因であると考えています。

カロライナインコの最後の釘が何であったかにかかわらず、北米はヨーロッパ入植者の到着後に唯一の固有インコ種を失い、この喪失は、特に大規模な生息地の破壊と容赦ない迫害という複合要因によるものと思われます。

Sources:

Burgio, Colin J. Carlson, and Morgan W. Tingley (2017). ラザロ・エコロジー(Lazarus Ecology)。 Recovering the distribution and migratory patterns of the extinct Carolina parakeet, Ecology and Evolution, 7:5467-5475 | doi:10.1002/ece3.3135

Paul Bartsch (1906)(Paul Bartschは1906年)。 A Pet Carolina Paroquet, Atlantic Naturalist

GrrlScientist (2012). Extinct Carolina parakeet gives glimpse into evolution of American parrots, The Guardian.

What Happened To America’s Only Endemic Parrot? | @GrrlScientist

です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top