Thursday Feb 03, 2022

ウズベキスタンについて

ツァーリ時代とソ連支配時代の地域の中心として、フェルガナの町は人口22万〜23万人の渓谷第3の都市に成長した。 実はフェルガナは谷の中で最も古く、最もウズベキスタン的でない都市である。 1876年、古代の町マルギランから20kmの地点に設立され、新マルギランと命名された後、1907年に初代軍事総督の名をとってスコベロフとなり、1924年には谷の名を引き継いだ。

新都市の主要建築物は軍事要塞となり、広い面積を占めている。 そこから半円を描くように新しい道路が敷かれた。 中心部には巨大な公園が作られた。 この都市の最初の建築物は、総督の家(現在は劇場の建物)、総督補佐の家、軍事会議(将校の家)であった。 1907年、町はスコベレフと改名され、1924年にはフェルガナと呼ばれた。

フェルガナの広い通りは、古い軍事要塞から扇状に広がり、タシケントのサンクト・ペテルブルクの設計を思い起こさせる。 並木道とパステル漆喰のツァーリ建築は、まさにフェルガナのミニ・タシケントのような雰囲気を醸し出している。 公園、噴水、ロシア建築、工業地帯がウズベク、イスラムのマルギランとの類似性、対照性を強めている。

都市の著しい発展は20世紀に入ってから、特に共和国の独立後である。 フェルガナは現在、ウズベキスタンの重要な工業の中心地となっています。 ここ数年、市内には豪華な高層ホテル、美しいテニスコート、屋内都市市場、スタジアム、花壇や噴水のある大きな公園など、多くの近代的施設ができている。 象徴的なのは、独立後に建てられた最初の建築物のうち、1992年に “独立の門 “と呼ばれる市庁舎が建てられたことだ。

フェルガナはフェルガナ渓谷の他の地域を探索するのに最適で最も明白な拠点であろう。 中心部に位置し、宿泊施設の選択肢も多く、サービスもきちんとしています。

観光スポット

フェルガナには古い建築物や歴史的モニュメントはないが、それでも街は非常に美しく、独自の外観を持っている。 街の主な装飾は、プラタナス、ポプラ、オークなど、由緒ある木々である。

市民が中央アジアで最も緑の多い都市と自負するフェルガナは、通常、谷の他の地域へ行く途中に立ち寄るだけの場所だが、プラタナスとポプラの木陰の通り、青みがかった家々は散歩するのに値する。 フェルガナには「フェルガナを見るために来るのではない」と言われるように、ここで眠り、交通の便の良さを利用して谷の他の地域を探索するのである。

フェルガナで最も魅力的なのはバザールで、気さくなウズベク人の商人が多く、韓国人やロシア人が手作りの特産物を売っている。

バザールから歩行者天国のムスタキリク・クチャシ(独立通り)に沿って緑豊かなアル・フェルガーニ公園に行くと、9世紀の天文学者でフェルガナ谷出身の彼の名前が付けられている。 彼の「天動説」はダンテの「神曲」に影響を与え、アメリカの発見を予言した。

Mustakillik/Al-Ferghani の交差点には、かつてMikhail Skobelov将軍の1877年の豪邸だったRegional Theatreが立っている。 軍服と馬から「白将軍」と呼ばれたが、フェルガナを制圧した後に恐怖に陥れたトルクメン人には、戦後の血走った姿から「血眼の老兵」と呼ばれた。

Uzman Khodzhaevaを北西に進むと郷土研究博物館がある。 まばらな博物館(水-日9時-17時、月13時まで)はコカンドやマルギロンなどフェルガナ地方をカバーしている。 雪をかぶった山々に囲まれた緑豊かなフェルガナ渓谷を衛星写真で見ることができます。 また、毛むくじゃらのクロマニョン人がいる石器時代のジオラマや、ソ連時代から変わらない大祖国戦争のコーナーもあります。 3D地図で渓谷を明らかにした後、詰め込まれた自然史の標準が考古学的展示や遠隔地の彫刻の写真に取って代わる。

他の展示の中には、カラフルなリシュタン陶器のホール、革命前のトルキスタンのポストカード、人物や詩やソ連のモチーフまで刺繍された型破りのチューバイティクが含まれている。

フェルガナ近郊は美しい場所としても知られています。 アライ山脈の麓、庭園やブドウ畑の緑に囲まれたチメン村は、癒しの鉱泉で知られ、その麓に温泉リゾート「チメン」が開設されました。

フェルガナから55キロのところに、ウズベキスタンの美しい地域、シャヒマルダン(「民族の主」)があります。

交通

空港はフェルガナ中心部から南へ6キロ、バスルート22にあり、タシケントへ毎日2便、ヌクスへ週1便の国道横断便が出ている。 タシケントからの列車は約8時間でマルギランの駅に到着し、さらにアンディジャンまで行きますが、タジキスタンを経由するため、ウズベキスタンのダブルエントリービザが必要になるかもしれません(タジキのビザは必要ないようです)。 谷間のバスはマルギランに行く道のフェルガナの北にあるイェルマザール駅を利用します。 バスは3番&4番が空港からホテルフェルガナを経由して、中央バザール横のローカルバスターミナルまで運行しています。 この駅からはイェルマザール、マルギラン行きが頻繁に出ているほか、タシケント行きのシェアタクシー(4〜5時間)やカムチクトンネル経由の8人乗りミニバスもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top