Thursday Feb 03, 2022

キャンパスアラート

毎年、世界中で何百万人もの人々が、外傷、事故、感染症、脳卒中によって脳や脊髄を損傷しています。 これらの損傷は腫れを引き起こし、死亡や長く続く障害につながる可能性がありますが、現在の治療オプションは限られており、リスクもあります

Cellに掲載された新しい研究で、国際研究チームは、再利用薬がネズミのモデルで脳や脊髄の損傷後に腫れを抑え、感覚や運動の障害から保護することを報告しました。

HMSの他のニュースはこちら

トリフルオペラジン(TFP)は、すでにヒトでの使用が承認されている抗精神病薬で、アクアポリン(細胞への水の流入・流出の経路となる膜タンパク質)の挙動を変えることによって腫れによる損傷を防止しました。 しかし、この発見は、まずヒトで再現する必要があります。

「この新しい治療法は、中枢神経系の損傷を受けた患者に新しい希望を与え、治療の大きな可能性を持っています」と、共同筆頭著者のMootaz Salman氏は、HMSブラバトニック研究所細胞生物学教授で、ボストン子供病院小児科のスプリンガー家教授のTomas Kirchhausen氏のラボで博士研究員として働いています。

著者らは、中枢神経系の腫脹を発症する前に食い止めることができる治療法が、満たされていない臨床ニーズとして存在すると記しています。

アストロサイトは傷害を受けた後、その膜にあるアクアポリンの量を劇的に増やし、細胞を水に対してより透明にします。 研究チームは、TFPがカルモジュリンというタンパク質がアクアポリンに結合するのを阻害し、膨潤を抑えることでこの挙動を阻止できることを発見しました。

脳や脊髄の前臨床損傷モデルにおいて、研究チームは外傷部位にTFPを投与すると、ネズミの被験者はほぼ完全に回復できることを見出しました。 2週間後、治療を受けた被験者のほとんどは、感覚や運動のテストにおいて健康な対照者と区別がつきませんでした。

「この発見は、私たちの細胞が分子レベルでどのように機能するかについての新しい理解に基づいており、負傷した被害者とその医師に希望を与えます」と、アストン大学のバイオテクノロジー教授でリーダーを務めるRoslyn Bill氏は述べています。 「すでにヒトでの使用が許可されている薬剤を使用することで、長期的な障害の原因となる中枢神経系での腫れや圧力の蓄積を止めることが可能であることを示しました」

従来、TFPは統合失調症やその他の精神疾患の患者の治療に使用されてきました。 TFPはすでに米国食品医薬品局や英国国立医療技術評価機構からヒトへの使用が許可されているため、ヒトでの安全性と有効性が証明されれば、脳損傷の治療薬として再利用するための障壁はすでにクリアされているだろうと著者らは述べている。

ただし、TFPの長期使用には副作用が伴います。 研究者らは、この薬の作用の根本的なメカニズムをよりよく理解するためのさらなる研究が、より優れた、より安全な薬の開発につながることを強調しています」

アストン大学研究員のフィリップ・キッチン氏とバーミンガム大学大学院生のアンドレア・ハルシー氏が、この研究の共同筆頭著者として参加しています。 バーミンガム大学神経科学の上級講師であるZubair Ahmed氏とバーミンガム大学生物医学科学の上級講師であるAlex Connor氏が本研究の共同責任著者となっています。

研究チームには、カナダのカルガリー大学、スウェーデンのルンド大学、デンマークのコペンハーゲン大学、イギリスのウルヴァーハンプトン大学の科学者も参加しています。

アストン大学のニュースリリースより転載。 ゲッティ イメージズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top