Thursday Feb 03, 2022

セレン恐怖症

←戻る。 恐怖症一覧

人魚を恐れるセレネフォビアと混同しないように

Serenophobia (from Latin word sereno, meaning fair weather) は、好天に対する恐怖症である。 この恐怖症は、晴天が豊富な日光を意味することから、ヘリオフォビア(太陽恐怖症)と関連しています。 太陽に当たることで日焼けをしたり、皮膚がんになったりした人は、太陽恐怖症になる可能性があり、その結果、セレノフォビアになることがあります。 このほか、日中の不快な明るさ、晴天時に外で働いたり遊んだりしたときの嫌な経験、さらには日中の晴れた空は青いので青色を恐れること(シアン恐怖症)なども、セレン恐怖症の引き金になると報告されている。 他の多くの恐怖症が幼児に多いのとは異なり、セレノフォビアは大人に多い。 月や星を怖がらない限り、ほとんどの患者は夜間の晴天を気にしないでしょう。

Serenophobes would most commonly like rain as their favorite weather condition, but they would hate fair weather while many would dislike thunderstorm and/or snow.日中、serenophobesは曇った天気を好み、雨が降っても気にするどころではありません。

晴天にさらされると、震え、吐き気、口の渇き、食欲不振、疲労、抑うつ、失神、制御不能などさまざまな症状が起こります。 セレノフォビアの治療法としては、認知行動療法、心理療法、暴露療法などがあります。 曇りや雨の多い気候に移動することで緩和される場合もありますが、治療してその土地に留まる方が良いでしょう。

気象恐怖症

Aestophobia(暑い天気への恐怖)- Agripyrophobia(山火事への恐怖)- Anemophobia(風に対する恐怖)- Antlophobia(洪水への恐怖)- 。 – アリディタフォビア(干ばつ恐怖症) ・セラウノフォビア(雷・稲妻恐怖症) ・キオノフォビア(雪恐怖症) ・キオノセラフォビア(吹雪恐怖症) ・シクロノフォビア(熱帯低気圧恐怖症) -。 サイモフォビア(波恐怖症) ・フリゴリフォビア(寒冷地恐怖症) ・グランドフォビア(雹恐怖症) ・ホミクロフォビア(霧恐怖症) ・ヒューミドフォビア(湿度恐怖症) ・ネフォフォビア(雲恐怖症) ・ニビソフォビア (雪崩恐怖症) ・オンブロフォビア(雨恐怖症) ・プルービフリゴフォビア(氷雨恐怖症) ・テンペストフォビア(嵐恐怖症) ・セレナフォビア(快晴恐怖症) ・ターボフォビア(竜巻恐怖症)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top