Thursday Feb 03, 2022

フェロー諸島での小型鯨類とイルカの狩猟

鯨と人間への脅威

世界的な批判を受けて、法律が制定されたが、これは狩人が適切な訓練を受けなければならないというものだけであった。 対象種に関する調査はほとんど行われておらず、狩猟の持続可能性が大きな保護懸念となっています。

懸念は小型のクジラやイルカだけでなく、フェロー諸島の人々にも及んでいます。 長鰭脚鯨は、その肉や脂身に高レベルの水銀や残留性有機化合物を含んでいます。 フェロー諸島の子どもたちを対象とした長期にわたる独自の研究では、神経系の遅れ、心臓血管系の問題、その他の発達上の問題と、母親が出生前に鯨肉を摂取したことが直接的に関連しているとされている。 さらに、最近の研究では、フェロー諸島の成人におけるパーキンソン病、高血圧、頸動脈の動脈硬化の発生と、ゴンドウクジラの肉を食べることの間に直接的な関連があることが示されている。

進展は痛々しいほど遅い。 フェロー当局は2008年に初めて勧告通知を出し、(妊娠中や授乳中の女性など)弱い立場の消費者には鯨肉を食べないように警告し、保健相は病院で鯨肉が提供されるのを止めた。

2012年には、フェロー諸島産業医学・公衆衛生局のパール・ヴァイヘとホグニ・デベス・ヨエンセンが、ゴンドウクジラはもはや食べるべきではないと正式に勧告しました。 私たちの仕事が簡単であるかのように装うつもりはありません。 捕鯨は、この辺鄙で誇り高いコミュニティの長い伝統ですが、伝統は時とともに進化すべきであり、また進化するものです。

WDC は、北大西洋における小型鯨類とイルカの捕獲が歴史に名を残し、フェローの子どもたちが安全に食事ができるようになるまであきらめない。 WDCは、捕鯨に反対する地元フェローの人々とともに活動し、現地での草の根の教育活動を支援しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top