Thursday Feb 03, 2022

ライム病の共感染

共感染は、ライム病の感染や進行にマイナスの影響を与え、ライム病や他のダニ媒介感染症の診断や治療に重要である可能性があります。 NIAID(米国アレルギー・感染症研究所)は、ライム病の共同感染の影響をよりよく理解するための研究を続けています。

科学者は、米国内だけでも10以上のダニ媒介疾患を認識しており、今でも新しい疾患が発見されています。 1匹のマダニが複数の病気を媒介することもあり、1回のマダニ刺傷で2つ以上の感染症にかかる人もいます。

経験豊富な医師は、ライム病の共同感染を見分け、診断を確定するために適切な検査や治療を指示することができます。 治療がうまくいかず、何か他の病気が症状を引き起こしていることが明らかになったとき、共同感染を疑い始めることもあります。 ライム病の併発は、一般的に重症化し、症状が強くなり、回復に時間がかかるようになります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top