Thursday Feb 03, 2022

冬の憂鬱に対処する8つの方法

冬の寒く陰気な日々は、布団の中で丸くなり、再び太陽が輝くまでそこにいたいと思わせるのでしょうか。 あなただけではありません。 太平洋岸北西部の暗く雨の多い冬には、気分を高揚させてくれる太陽の光が少なくなり、それが冬の憂鬱の原因になっているようです。

Overcoming the winter blues

Here are 8 ideas to get over the winter blues recommended by Kaiser Permanente physician Amado Daylo, MD (Assistant Medical Director of Behavioral Health Services).

Eercise

Bundle for walk, swim indoors, or head to the gym.Double to the winter blue

EerciseExercise Double for a American blue. 運動は、軽度から中等度のうつ病に対抗するために、抗うつ剤(人の気分をコントロールする薬)と同じように効果があります。

光療法を行う

運動器具や仕事場を窓際に置くなど、日光を浴びる機会を増やす。 自然光を模したランプも効果的です。

健康的な食事をする

全粒粉などの複合炭水化物は、エネルギーを高めることができ、年間を通して不可欠です。 ブロッコリーやケール、ニンジンなど、深い緑色やオレンジ色の野菜や果物には、気分の向上や健康を促進する栄養素が含まれています。

五感を刺激する

壁を明るい色に塗ったり、ネイルをしたりすると気分がよくなる人もいます。 ペパーミントのエッセンシャルオイルなど、元気が出る香りを試してみてください。

精神を養う

ゆったりとした椅子で本を読んだり、日記を書いたりしてみましょう。

セラピストに相談する

セラピストは、よりポジティブに考えるよう脳を鍛える手助けをしてくれ、身体的にも楽になります。

冬に余計落ち込む?

毎年冬になると、仕事を休んだり、日々の単純な仕事でさえ苦労するなどの症状で少なからず落ち込む場合、季節性情動障害(SAD)や冬季うつ病にかかっているかもしれません。 日光が不足することで、複雑な化学反応や生体リズムを維持する体の機能が乱れ、いつ活動し、いつ休息すべきかがわからなくなる人もいます。 もし、自分自身で気分を良くしようとしているのに、うまくいかない場合は、医師に相談し、他の治療法を提案してもらうとよいでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top