Thursday Feb 03, 2022

職と自由のためのワシントン大行進|国立女性歴史博物館

1963年8月28日、ワシントンDCに25万人以上が集まり、「職と自由のためのワシントン大行進」と呼ばれる政治集会を開催しました。 公民権や宗教団体のグループによって組織されたこの集会は、アフリカ系アメリカ人が直面している政治的、社会的課題を明らかにするために企画されたものでした。 この行進は、公民権闘争の高まりの中で重要な出来事となり、キング牧師の「I Have a Dream」という演説で最高潮に達した。 この演説で、彼はすべての人に平等と正義のあるよりよい世界を望むことを表明した。

男性の公民権指導者は、女性にプログラムでの発言の役割を与えることを拒否した。 全米教会協議会のアンナ・アーノルド・ヘッジマンは、行進の組織委員会の唯一の女性であった。 彼女と全米黒人女性評議会会長のドロシー・ハイトは、女性の演説者を加えるべきだと主張した。

当初、「黒人女性への賛辞」は男性によって行われる予定だったが、ヘッジマンは主催者側に女性の講演を認めるようにと働きかけた。 最終的にマーリー・エヴァーズが賛辞を述べることになった。 しかし、行進の当日、空港から行進場所まで交通渋滞が続き、エバースの登壇はかなわなかった。 そこで、デイジー・ベイツが代役を務めることになった。 彼女は、アフリカ系アメリカ人の女性たちが「ひざまずき、アメリカのどのコーナーでも食事ができるようになるまで座り込みます。 私たちは自由になるまで歩き、アメリカ中のどんな学校にも歩いて行き、子どもたちをどんな学校にも連れて行けるようになるまで。 そして、アメリカのすべての黒人が投票できるようになるまで、座り込みもするし、ひざまずきもするし、必要なら寝泊まりもする。 これが私たちの誓いです……」。 ベイツの言葉は、アフリカ系アメリカ人女性の現場での努力を浮き彫りにしている。 この行進は効果的で、1963年6月11日、ジョン・F・ケネディ大統領は、議会で包括的な公民権法案を追求する計画を発表し、「この国は、そのすべての希望とすべての誇りのために、そのすべての市民が自由になるまで完全に自由になることはないだろう」と述べている。 ケネディは法案が成立する前に11月22日に暗殺された

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top