Thursday Feb 03, 2022

那智大社–

熊野地域は、紀伊半島の南端、大阪から南に約100kmのところに位置する。

熊野は、本宮大社、那智大社、速玉大社の三社を中心とする地域で、熊野三山と呼ばれている。 熊野古道と呼ばれる遊歩道を通って、1000年以上も前から熊野三山への参詣が行われてきた。

この地域には、3つの神社から発せられる宗教的、歴史的価値が息づいている。 神道の太陽神の曾孫である神武は、日本の初代天皇として天下を統一するために熊野にやってきた。

紀伊半島の海岸線には町が点在し、熊野の古い歴史と日々の暮らしが融合している。 白浜や勝浦などの温泉地や、熊野市や串本などの海岸沿いの町もあります。

2004年、熊野の宗教遺産と参詣道がユネスコの世界遺産に指定されました。 高野山、吉野、大峯山を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」と名づけられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top