Thursday Feb 03, 2022

Beginner Pottery:

*UPDATED March 2020*

全国各地で、陶芸教室は売り切れ、スタジオはキャンセル待ち、地元の学校や大学は再び窯を焚いています…しかし、社会問題化😬🙈ですべて閉鎖しなければなりませんでした… それにもかかわらず、陶芸はクールリストに戻ったと言ってもよいでしょう! (これから数週間、多くの人が自宅で新しい趣味を試したいと思うでしょうし、外で起こっている大変なことを忘れて、手を動かすアクティビティを探します。 陶芸は、私たちができる最もリラックスでき、心を癒すことのできる活動の一つであり、より多くの粘土を人々の手に届けることができれば、より良いことです。

ですから、これは、(安全なキッチンテーブルから)陶芸の旅を始めるのにうってつけの機会かもしれません。 初心者向けの「教室」にも行きましたが、実際に教わることはなく、ほとんど粘土で遊ぶだけでした。

陶芸はお金のかかる趣味だと思われがちですが、そうではありません。 地元に教室がない、お金や時間がかけられない、身体的・精神的な理由で教室に通うのが難しい、あるいは世界的な大流行ですべてのスタジオが閉鎖されてしまった、そんな方でも、粘土と簡単な道具があれば、自宅で学び、技術を向上させることができるのです。

陶磁器の素材そのものを扱い、それと対話し、その欠点を探し、加えるべき力、できる跡、粘土が通過するさまざまな段階に慣れるだけで、多くのものを得ることができます。 粘土を扱う時間は、とても貴重です。 そのためには、ろくろや特別な道具は必要ありません。 実際、多くの素晴らしい陶芸家が、ろくろを使わず、いくつかの基本的な道具だけで、美しい鉢を作り、生計を立てています。 手びねりで作れないものはないのです。 私の好きな陶芸家の中にも、手びねりで作っている人がいます。 私がインスタグラムでフォローしている人たちを紹介します。彼らの作品は信じられないほど美しいので、ぜひインスピレーションを得るために見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top