Thursday Feb 03, 2022

Cayo Santiago Field Station

Cayo Santiagoはプエルトリコの南東沿岸にある小さな島(面積38エーカー)です。 カヨ・サンティアゴは、約1000匹の放し飼いのアカゲザルが暮らす研究フィールドステーションです。 コロニーはCaribbean Primate Research CenterとUniversity of Puerto Rico, Medical Sciences Campusによって運営・維持されています。

現在カヨに住んでいるサルはいくつかの自然社会集団に分かれています。 現在のコロニーにいる個体は、1938年に島に持ち込まれた409頭のサルの直系の子孫です。 餌はピュリナ社のモンキー・チャウを島内3ヶ所の餌場から与えています。 また、葉、果実、花、土など、さまざまな固有の食物も食べています。 サルは多くの場所で自由に水を飲むことができます。

このフィールドサイトでの約70年にわたる研究のおかげで、被験者は人間の実験者によく慣れているのです。 私たちや同僚は、過去9年間、Cayo Santiagoの集団から被験者をテストしてきた。

Rhesus Macaques (Macaca mulatta)

アカゲザルは、アフガニスタン、インド、タイ、中国南部原産の旧世界ザルの一種である。 アカゲザルは褐色または灰色で、一般的に毛のないピンク色の顔を持っています。 この種は最もよく知られたサルの一種であり、神経科学の分野で霊長類のモデルとしてよく使われている。

我々のアカゲザルの被験者は、プエルトリコのカヨ・サンチャゴ島に住んでおり、カリブ霊長類研究センターによって運営・管理されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top