Thursday Feb 03, 2022

Decreased Egg Reserve

Low EGG COUNT

卵の質は生殖年齢によって、またそれ以上に卵巣内に残っている卵の数によって左右されます。 卵子の数は生殖年齢では増えず、また同じでもなく、閉経まで絶えず減少していきます。 更年期には、すべての卵子が使い果たされ、排卵が起こらなくなります。

女性は、生殖可能な年齢の間に持つすべての卵子を持って生まれ、その数は出生時に100万~200万個と推定されます。 卵子予備能は常に減少しており、出生後の卵子のほとんどは最初の10-12年で失われ、思春期には約40万個まで減少します。 35~37歳では、卵巣に残っている卵子の総数は2万5000個、閉経時には500個以下と推定されています。

毎月1個の卵子が排卵の過程を経て、卵巣から放出されます。 卵子を成熟させ排卵するためには、同時にいくつもの卵子が発育し、月経周期の前半で「最良の卵子」が選ばれる。 卵子が毎周期失われていくのは、卵子の採用と発育の過程である。 毎月1個ずつ卵子が放出されるとすると、一生の間に約400個の卵子が失われることになる(35~40年で1年に12回の排卵)。 しかし、毎周期成長を始めて「最高の卵」を生み出す卵の集団は、その周期のうちに消滅する傾向があるのです。 これは、妊娠中、避妊薬服用中、ルプロン服用中、授乳中、月経周期が不規則または全くない女性にも当てはまります。 卵巣内の卵子の消失は、いかなる出来事や薬物への曝露とも無関係であり、止めることはできないと考えられています。 卵子予備能の低下は、喫煙、毒素への暴露、薬物、手術、悪い生活習慣、子宮内膜症など、さまざまな要因によって加速されます。

卵子予備能の低下の結果は、生殖能力の低下と流産の割合の増加です。 20代の女性は、卵子予備能から見て、40代の人と比べて不妊や流産のリスクが低いです。 卵子予備能が低下し始めると、排卵や生理が規則正しく続いても、卵子の質が悪くなり、染色体異常が起こりやすくなります。 つまり、一般的に30代半ばで観察される閾値に達するまでは、量が質に影響を与えることはありません。 35-37歳以降では、量の減少や卵子予備能の低下により、質に影響が出ます。

体内の各細胞は、卵子を含めて46本の染色体(女性では44+XX、男性では44+XY)を持っているはずです。 受精前、卵子が卵巣から押し出される直前(減数分裂の過程)、卵子の染色体数を23に減らし、精子から来る残りの23と合わせて46にしなければ、胚が健康な状態になりません。 この減数分裂の過程で、卵子の染色体が不均等に分離し、23以外の染色体番号が卵子の中に残ってしまうことがあります。 このような場合、精子の質にかかわらず、卵子は染色体異常であり、したがって胚も染色体異常となります。

すべての卵子が生まれつき正常で、長年にわたって環境因子にさらされ、異常となるのかどうかは、医学的な文献にはあまり記載されていません。 一部の卵は出生時に異常で、後年になって選択的に放出される傾向があります。 おそらく、卵巣、ひいては卵子は生涯を通じて様々な要因にさらされ、時間の経過とともに、あるいは減数分裂の際に、私たちの身体の他のシステムと同様に異常をきたしてしまうのでしょう。 残念ながら、現在のところ、このようなプロセスを逆行させて新しい卵子を作るための医学的または外科的な治療法は存在しません。 とはいえ、最近の研究では、人間の卵巣には幹細胞が存在し、実際に新しい卵子の発生を促す可能性があることが示唆されています。 しかし、卵巣の中で新しい卵子を育てるという考えは、常に刺激的でエキサイティングなものです。 また、卵子予備能が低い女性にとっても、期待できることでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top