Thursday Feb 03, 2022

Howto install ifconfig on CentOS 7 Linux

ifconfig コマンドは、GNU/Linux システムでネットワークインターフェースを構成するために使用されます。 これは、IPアドレス、MACアドレス、およびネットワークインターフェイスカードの状態などのようなネットワークインターフェイスカードの詳細を表示します。 しかし、このコマンドは時代遅れで、RHEL 7 の最小バージョンと CentOS 7、Oracle Linux 7、および Scientific Linux 7 などのクローンにはありません。

このチュートリアルでは、Centos 7 に ifconfig をインストールする方法について説明します。 デフォルトでは、インストールしたばかりの centos 7 では ifconfig コマンドは見つからないため、ifconfig コマンドを使用するには、まずパッケージをインストールする必要があります。
この記事では、少なくとも Linux の基本知識があり、シェル、ルートユーザー、または sudo 権限のある非 root ユーザーアカウントをサーバーに設定する方法を知っていることを前提に説明します。

Centos 7 の最小サーバーで「ifconfig」コマンドを有効にして使用するにはどうすればよいですか。

ifconfig コマンドがどこにあるかわからない場合、以下に示す簡単な手順に従ってください。 まず、どのパッケージが ifconfig コマンドを提供しているかを確認します。 そのためには、次のコマンドを入力します:

# yum provides */ifconfigLoaded plugins: fastestmirrorLoading mirror speeds from cached hostfile * base: centos.t-2.net * extras: centos.t-2.net * updates: centos.t-2.netnet-tools-2.0-0.24.20131004git.el7.x86_64 : Basic networking toolsRepo : baseMatched from:Filename : /sbin/ifconfig

上の出力にあるように、net-tools パッケージは ifconfig コマンドを提供しています。 そこで、net-toolsパッケージをインストールして、ifconfigコマンドを使用するようにします。

# sudo yum instll net-tools -y
install net-tools on cemtos 7

これで、通常通り ifconfig コマンドを使用できるようになりました。 これで、CentOS 7マシンでifconfigコマンドが使えるようになりました。
参照:
CentOS 7で固定IPアドレスを設定する方法
RHEL/CentOS 7最小インストール後にネットワークを設定する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top