Thursday Feb 03, 2022

John Snow (1813 – 1858)

John Snow ©Snowはイギリスの医師で、1854年に発生したコレラの発生源を特定したことから疫学を確立した一人とされる。

John Snowは1813年3月15日にヨークの労働者一家に生まれ、14歳で外科医に見習いとなった。 1836年、ロンドンに移り、正式な医学教育を受ける。 1838年に王立外科医学校の会員となり、1844年にロンドン大学を卒業、1850年には王立医師学校の会員となった

当時、コレラは空気感染すると考えられていた。 しかし、スノーはこの「瘴気」説を受け入れず、実際には口から体内に侵入すると主張した。 彼は、1849年に自分の考えを「コレラの伝染様式について」というエッセイにまとめて発表した。 数年後、スノーは劇的な状況下で自分の説を証明することができるようになった。 1854年8月、ソーホーでコレラの大流行が起こった。 スノーは、コレラの発生例を地図上にプロットするなどして慎重に調査した結果、ブロード(現ブロードウィック)通りにある水ポンプが感染源であることを突き止めた。 そして、そのポンプの取っ手を取り外してもらうと、コレラの患者数はたちまち減少していった。 しかし、スノーの「病原菌」説は、1860年代まで広く受け入れられることはなかった

スノーは、麻酔の分野でも先駆的な存在であった。 エーテルやクロロホルムを制御して投与し、動物や人間に与える影響を調べることで、これらの薬剤をより安全で効果的なものにした。 1853年4月、ヴィクトリア女王の息子レオポルドの誕生時にクロロホルムを投与する役割を果たし、1857年4月には娘のベアトリスが誕生した際にも同じ役割を果たした。

スノーは1858年6月16日に脳卒中で死去した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top