Thursday Feb 03, 2022

NASCARカップシリーズの19号車、複数の検査失敗で予選落ち

土曜日のオートクラブスピードウェイで19号車ジョー・ギブスレーシング・トヨタが予選前の検査に3度失敗、1号車チップ・ガナッシレーシング・シボレーが2度失敗したことが、NASCARスポークスパーソンにより確認されている。 その結果、マーティン・トゥルーエックスJr.の19号車は予選通過が認められず、最後尾からのスタートとなった。

チームはまた、週末の間、クルーメンバー(カーチーフのブレイク・ハリス)を失い、次のNASCARカップシリーズイベント(フェニックス・レースウェイ)では15分の練習ペナルティを受けることになった。 車は4回目の車検で合格しました。 トゥルーエックスはオートクラブで開催されたNASCARカップシリーズの2018年優勝者である。

RELATED: オートクラブのスケジュール

彼側としては、トゥルーエックスは、フィールドの後方と38番目のスタートスポットから来る必要があることを懸念していません。

「僕はいつでも楽観的なんだ」と、トゥルーエックスは語った。 「と語った。 というのも、この週末はカーチーフのニック・ケースが不在で、次のイベントでは15分のプラクティスペナルティが課されるからです。 RJ Kraft

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top