Thursday Feb 03, 2022

NYC Automat Announces Massive Deal to Franchise 500 Locations in North America

NYC-based automat strikes deal to expand across North America

Automats may be prepared to make big comeback during the pandemic. イーストビレッジにある、まだオープンしていないタッチフリー自動販売機「Brooklyn Dumpling Shop」のオーナー、Stratis Morfogen氏は、すでに広範囲な拡張計画を持っています。 ウォールストリート・ジャーナル紙によると、モルフォゲン氏は、フランチャイズ開発会社のフランスマート社と契約し、今後10年間に北米で500のオートマット・フランチャイズを販売することになった。 投資契約の金銭的条件は明らかにされていない。

この報道によると、ジャージーシティにも年内にオートマットができる予定だという。 このニュースは、レストランがパンデミック時の食品販売に適応するのに苦労する中、ニューヨークや他の場所でオートマットのためのより大きなカムバックとなる可能性があることを示すものです。 オートマットは一般に、自動販売機のように、人の手を介さずに顧客に食品を販売するために装備されている。 ウォールストリート・ジャーナル紙によれば、オートマットは1900年代初めのスペイン風邪の流行後に人気を博したが、その後、マクドナルドやウェンディーズといったクイックサービス・チェーンが全米に増える一方で、ほとんど人気がなくなってしまったという。 今、オーナーは、顧客がCOVID-19パンデミックの中でサービスの自動化スタイルにもっとオープンかもしれないと賭けている。

In other news

– イタリア輸入Sant Ambroeusはブルックフィールドプレイスのダウンタウン拡張計画で進めています。 この新店のコーヒーバーは今週オープンし、レストラン自体は後日オープンするとTribeca Citizenは伝えている。

– NYCのパンデミックブーム万歳。

– Gothamistのスコット・リンチは、パンデミックの間も営業を続けたジャクソンハイツのダイナーとアイスクリームパーラー、数十年の歴史を持つJarn’sに寄った。

– South Street SeaportにあるPier 17の完売した屋上の芝生は、冬の間、客が予約できる個人用のキャビンに変わります。

– ダウンタウンの話題のレストランKimikaは、トリュフのグレービーソースと味噌マスタード付きのトルコ風またはポルチェッタ、海藻フォカッチャ、日本のスイートライススタッフィングなどを含む感謝祭のテークアウト料理のパッケージを作りました。 4〜6人前で、価格は1人395ドルとのこと。 11月24日と25日の午後12時から午後3時まで受け取りが可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top