Thursday Feb 03, 2022

Osmoles, osmolality and osmotic pressure: clarifying the puzzle of solution concentration

看護師は尿や血漿の採取と検査、透析、静脈内輸液、浸透圧異常の治療などに日常的に関わるが、いずれも溶液濃度について理解することが必要である。 本稿では、溶液の濃度の様々な表記方法とその違い、そして濃度の表現方法の違いがなぜ人体生理学に有用なのかについて解説する。 また、溶液の濃度を表す用語である、張力、百分率濃度、密度、比重、モル比、浸透圧、オスモル比の類似点と相違点を説明する。 浸透圧、浸透率、浸透圧という用語は、看護学部の授業で使用される教科書に日常的に登場しますが、しばしば同義語として間違って使用されることがあります。 ここでは、溶液の濃度を表現するさまざまな方法の有用性と適切な使用場面について考察する。 浸透圧の使用は、ろ過と浸透が同時に作用している場合に限って使用すべきである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top