Thursday Feb 03, 2022

Software Design Principles DRY and KISS

この記事では、ソフトウェア設計原則とその利点、設計原則が私たちにとってなぜ役に立つのか、そして日々のプログラミングにどのように実装すればよいのかを探ろうと思います。 DRY と KISS というソフトウェア設計原則を探ります。

DRY原則。 6450>

DRY は「Don’t Repeat Yourself」の略で、情報の繰り返しを減らすことを目的とした、ソフトウェア開発の基本原則です。 DRYの原則は、「すべての知識や論理は、システム内で単一のあいまいでない表現を持たなければならない」とされています。

DRYの違反

「私たちはタイピングを楽しんでいる」(あるいは「みんなの時間を無駄にしている」)。 “We enjoy typing “とは、同じコードやロジックを何度も何度も書くことです。 コードの管理が難しくなり、もしロジックが変われば、コードを書いたすべての場所に変更を加えなければならず、それによってみんなの時間を無駄にすることになります。

DRYを実現する方法

DRY原則に違反しないためには、システムを分割することです。 コードとロジックを再利用可能な小さな単位に分割し、そのコードを必要な場所で呼び出して使用します。 長いメソッドを書かずに、ロジックを分割し、メソッド内で既存のピースを使用するようにします。

DRY の利点

コードが少ないことは良いことです。時間と労力が節約でき、保守が簡単で、またバグの可能性も低くなります。

DRY 原則の良い例の 1 つは、エンタープライズ ライブラリのヘルパー クラスで、コードのすべてのピースがライブラリやヘルパー クラスで一意になっています。

KISS: Keep It Simple, Stupid

KISS 原則は、コードをシンプルかつ明確に保ち、簡単に理解できるように記述します。 結局のところ、プログラミング言語は人間が理解するためのものであり、コンピュータは0と1しか理解できないので、コーディングは単純でわかりやすくしておくことです。 メソッドは小さくまとめましょう。

各メソッドは、多くのユースケースではなく、1 つの小さな問題を解決するだけであるべきです。 メソッドに多くの条件がある場合、これらをより小さなメソッドに分割します。 5316>

KISS の違反

私たちはおそらく、プロジェクトで行う仕事を得て、いくつかの乱雑なコードが書かれているのを見つけたという状況を経験したことがあります。 そこで、なぜこのような不必要な行を書いたのかと疑問に思うのです。 以下の2つのコードを見てください。 どちらも同じことを行っています。 5316>

public String weekday1(int day) { switch (day) { case 1: return "Monday"; case 2: return "Tuesday"; case 3: return "Wednesday"; case 4: return "Thursday"; case 5: return "Friday"; case 6: return "Saturday"; case 7: return "Sunday"; default: throw new InvalidOperationException("day must be in range 1 to 7"); }}public String weekday2(int day) { if ((day < 1) || (day > 7)) throw new InvalidOperationException("day must be in range 1 to 7"); string days = { "Monday", "Tuesday", "Wednesday", "Thursday", "Friday", "Saturday", "Sunday" }; return days;}

How to Achieve KISS

KISS 原則に違反しないように、単純なコードを書くようにします。 問題に対する多くの解決策を考え、最も良い、最も単純なものを選び、それをコードに変換してください。 長いコードを見つけたら、それを複数のメソッドに分割し、右クリックしてエディターでリファクタリングしてください。

Benefit of KISS

ある開発者が書いた機能があり、それは乱雑なコードで書かれていて、別の開発者にそのコードの修正を依頼する場合、まず、その開発者はコードを理解する必要があります。 明らかに、コードがシンプルに書かれていれば、そのコードを理解することは難しくなく、また、変更も簡単になります。

まとめ

コードやモジュールを書いている間、ソフトウェア設計原則を念頭に置き、それらを賢く使用しましょう。 これにより、開発時間が短縮され、ソフトウェア モジュールが堅牢になり、保守や拡張が容易になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top