Thursday Feb 03, 2022

What You Need To Know If You Were In A Construction Accident In New York

Our Recent Case Victories That Shaped the Law to Protect New York Construction Workers

Melaku v. AGA 15th Streetm LLC, et al, 2021 WL 329292 (1st Dept. Feb. 2, 2021) – 足場から工具を取り出そうとした際に、使用していたAフレーム梯子が転倒・落下し、足と足首に重傷を負い複数の手術を必要とし、脊椎骨折をした電気技師のために労働法§240(1)に基づき略式判決を獲得した事例である。 原告は、建物の所有者、ゼネコン、および新校舎の工事を請け負ったザビエル高校を相手取って訴訟を起こしました。 Potenzo v. The City of New York, et al., 189 A.D.3d 705 (1st Dept. 2020) – 氷で滑って膝を負傷し、膝の全置換術を必要とした組合のドライウォール工のために、下の裁判長の決定を覆し、略式判決を勝ち取ることができた。 裁判所は、ニューヨーク市とゼネコンのTishman Technologies Corporationは、駐車場から建設現場に入る労働者が一般的に使用するガードブースと建物の間の、Potenzoが滑った通路の雪と氷を除去しなかったため、ニューヨーク州産業法12 NYCRR 23-1.7(d) 違反で労働法§241(6)により Potenzoの事故の原因となった責任があると判断した。 事故当日の現場安全報告書には、Tishman Technologies Corporationの現場安全担当者が “作業員の通路の氷と雪を取り除き、塩を加えるようにスーパーに助言した “と記載されていた。 被告は、このエリアは規制上の通路ではないと主張したが、その主張は裁判所によって却下された。

Ciborowski v. 228 Thompson Realty, LLC, 189 A.D.3d 428 (1st Dept. 2020) – 壁の塗装をしようとして梯子から落ち、足の骨折と脊椎損傷、複数の手術を要する大工に対して労働法§240 (1) – 足場法に基づいて略式判決を獲得した。 裁判所は、梯子がぐらついたためにバランスを崩して転落したのであるから、被告は同法に基づく適切な安全装置を提供していなかったと判断した。 裁判所は、Ciborowskiが滑ったとか、彼自身の行動が梯子を動かしたかどうかという建物の所有者である被告の主張を、それらの主張を裏付ける証拠がないとして退けました。 また、梯子を調査したことのない被告の専門家による意見も推測に過ぎないとして退けた。 Fund Co., Inc., 170 A.D.3d 509 (1st Dept. 2019) -ヒルティガンを使って下がり天井にピンを取り付けようとした際に感電した大工の略式判決を勝ち取った。 裁判所は、ヘインズが働いていた会社のオーナーが、事故後に現場に来て、露出した配線や異常はなかったと証言しても、ヘインズの勝ちとしました。 裁判所は、Industrial Code 12 NYCRR § 23-1.の違反に基づき、原告は依然として略式判決を勝ち取るというこの判断を示しました。13(b)(3)と(4)は、会社のオーナーが事故後20分から30分まで現場に到着せず、Haynesの証言とHaynesの上司の宣誓供述書では、Haynesが作業していた場所の天井からキャップされていない露出した電気配線がぶら下がっていたことが確認され、Haynesの同僚が事故後に電気技術者が事故現場に到着し露出配線にキャップをするのを確認したと述べているためです。

Hoyos v. NY-1095 Avenue of the Americas, LLC, et al.事件。 156 A.D.3d 491 (1st Dept. 2017) – 下級審の判決を覆し、組合所属の塗装工が、ビルの高層階の特定のフロアのみで行われている建設/改装プロジェクトで仕事を行うためにビル内に入ろうとした際に高架式搬入口から滑落し、落下したとして略式判決を勝ち取ったものです。 裁判所は、「高層ビルのプロジェクトで雇用された建設労働者が直面する現実」を考慮し、賛否両論ある中で、Hoyos氏を支持する判決を下した。 裁判所は、ホヨスはまだビルに入ろうとしていたとはいえ、当時は仕事をしていたこと、そしてホヨスは「毎日の仕事始めに、他の工事関係者と並んで、混雑した高架の搬入口を利用してビルにアクセスする」ことを要求され、ホヨスは「ビルの他の部分にアクセスするための安全なまたは別の手段を提供されていない」ことから、搬入口を建設・改修現場の一部と見なすことを認定した。 さらに、裁判所は、ローディングドックが法律の安全保護を発動するために地面から十分に高く、「床から数フィート離れており、混雑したプラットフォーム上の誰かがその端から落ちるのを防ぐための手すり、チェーン、境界線または他の保護安全装置がなかった…」

Gonzalez v. Paramount Group, Inc, 157 A.D.3d 427 (1st Dept. 2018) (内部引用省略) – HVACダクトを設置するためにコンクリート壁に開口部を作っていた際に噴石が膝に落下した組合労働者の略式判決を勝ち取ることができた。 裁判所は、”落下した開口部の上の噴石は、事業の目的のために確保されることが要求される労働法§240(1)の「落下物」である “と判断した。 裁判所は、The Perecman Firmの別の事件であるO’Brien v. Port Authority of New York & New Jersey, 29 N.Y.3d 27 (2017) は、提供された安全装置が適切かどうかが問題となったO’Brienと異なり、被告はシンダーブロックを固定する安全装置を提供していないのでここでは適用できないとしています。 この事件では、$1,200,000の和解が成立した。

Cardona v. New York City Housing Authority et al., 153 A.D.3d 1179 (1st Dept. 2017) – 歩道の橋のクロスブレースを指示通りに登った際に地面に落ち、膝を負傷した労働者に略式判決を勝ち取ることができた。 裁判所は、Cardona氏が労働法240(1)に違反して歩道橋にアクセスするための梯子やその他の安全装置を提供されていなかったとして、同氏を支持する判決を下した。 被告は、Cardona氏が歩道橋に上がらないように指示されていたことを示す十分な証拠を提出しなかった。 雇用主の傷病報告書は、被告自身の証人が作成を否定し、”関連する出来事を個人的に知る者が作成した “という証拠がなかったため、被告の証拠として受け入れられなかった。 被告はCardonaが転倒したのは彼の「不注意」「判断ミス」「体格」のせいだと主張しようとしたが、比較過失は労働法240(1)の主張に対する抗弁にはならないため、これらの主張は受け入れられなかった。 この事件は後に420万ドルで和解した。

Pacheco v. Halsted Communications, Ltd. et al.,114 A.D.3d 768 (2nd Dept. 2016) – 住宅の屋根に衛星ケーブル機器を設置後、28フィートの梯子を降りて転落し脳損傷を受けた労働者に略式判決を勝ち取った事件。 裁判所は、梯子が固定されておらず、落下防止のための安全装置も提供されていなかったことから、Pachecoに有利な判決を下しました。 被告側は、Pachecoが40フィートの梯子ではなく28フィートの梯子を使用したから負けるはずだと主張しようとしましたが、彼が使用できる40フィートの梯子があったことを示さなかったため、失敗に終わりました。 この事件は機密費で和解した。

Jerdonek v. 41 West 72 LLC, et al., 143 A.D.3d 43 (1st Dept. 2016) -適切に固定されておらずガードレールがない足場から転落した組合員に対して略式判決を勝ち取った。 ゼネコンの証人が事故について異なる証言をしたとしても、Jerdonekは労働法240(1)が “どちらのバージョンの事故でも違反した “として勝訴した。 特に、ゼネコンの証言では、足場の1段目には中段と上段のガードレールがなかったからである。 裁判所は、Jerdonekが建物の所有者であるコンドミニアムの管理委員会に対する労働法240条1項の請求について略式判決を受ける権利を有すると判断した。 この事件は裁判後に$1,140,890.800で和解した。

Golubowski v. City of New York, 131 A.D.3d 900 (1st Dept. 2015) -解体中の頭上スプリンクラーシステムから漏れた水で濡れて滑りやすくなった梯子から転落し負傷したクライアント(配管工)の労働法§240(1)による責任を勝訴した。 この事件は60万ドルで和解した。

Czajkowski v. City of New York, 126 A.D.3d 543 (1st Dept. 2015) – 高さ10フィート、幅8~10フィートの窓枠を外すためにのこぎりを使用していたクライアントが、窓の上半分が壁から落ちて手を押しつぶした際に足場法上の責任を勝ち取った事例。 裁判所は、Czakowski氏が “指示された方法で窓を取り外す間、窓を支えたりする安全装置を提供されていなかった “ため、労働法240条1項の請求について略式判決を受ける権利があると述べました。 この事件は$700,000で和解した。

Jerez v. Tishman Const. Corp of New York, 118 A.D.3d 617 (1st Dept. 2014)の件です。 世界貿易センタービルの建設現場で型枠の壁を作っていた組合大工のクライアントが、ランヤードを固定していたブレースが外れて14フィート下の階に落下し、足場法に基づく責任を認められました。 港湾局の証人も、クライアントが要求されていた二重のランヤードを渡されていなかったことを認めました。 この訴訟は475万ドルで和解した。

Alameda-Cabrera v. Noble Electrical Contracting Co., Inc., 117 A.D.3d 484 (1st Dept. 2014) – 産業法典12 NYCRR 23-1.12(c)(2)と23-9.2(a)に違反して保護ガードとバイス・クランプを備えていないマイターソー使用時に重傷したクライアントに労働法241(6)による法的責任を獲得させた。 この事件は100万ドルで和解した。

Grant v. City of New York, 109 A.D.3d 961 (2d Dept. 2013) – 裁判所は、ニューヨーク市の学校の講堂で電気工事をしていた際に横にずれた安全でない直梯子から約15フィート落ちた当社のクライアントに足場法に基づく責任を認定しました。 裁判所は、ニューヨーク市が、梯子の下を同僚に持たせるか、梯子の下を固定物に固定するためにナイロンロープを使用すべきであったと主張しても、グラント氏は依然として勝訴すると述べました。この訴訟は$1,850,000で和解しました。d 633 (1st Dept. 2012) -裁判所は、クレーンの運転席から降りる際に垂直固定梯子から13フィート落下した組合員クレーンオペレーターであるクライアントに対し、梯子が「物体または人への重力の適用から直接生じる害から保護するには不十分であると証明された」として足場法に基づく責任を認定した。 裁判所は、その梯子が高所作業現場に到達する唯一の手段であり、彼の負傷は、”少なくとも部分的には、被告が高所関係の危険から彼を保護するために義務付けられた安全対策を講じなかったことに起因する “として、クライアントを支持する裁定を下しました。 この事件は$6,000,000で和解した。

Nechifor v. RH Atlantic-Pacific LLC, 92 A.D.3d 514 (1st Dept. 2012) -裁判所は足場法に基づき、組合大工であるクライアントが足場に取り付けられるはずのはしごが提供されていなかったためフレームから降りて足場の上から12フィート落下しようとした際に有利であると判決を下した。 この事件は9,900,000ドルで和解し、VerdictSearch Top Settlements listによる2014年のニューヨーク建設事故和解のトップとなった。

Kempisty v. 246 Spring Street, LLC, 92 A.D.3d 474 (1st Dept. 2012). この事件は、荷重試験のために吊り上げられた8,000ポンドのブロックが左右にわずかに動いて足を潰したクライアントに対し、裁判所が足場法を適用して有利な判決を下した非常に重要な事件である。 クライアントは、足場法の典型的なケースである梯子や足場から転落したわけではありませんが、裁判所は、”吊り上げられた物体の重量が、短い距離しか移動していないにもかかわらず、非常に大きな力を発生させることができる場合には、高低差はごくわずかなものとは見なされない “と判示したのです。 この事件は裁判になり、裁判後に$7,250,000で和解した。

Olszewski v. Park Terrace Gardens, Inc., 306 A.D.2d 128 (1st Dept. 2003). 1部では、ニューヨークの「足場法」として知られる労働法240(1)に基づき、ビルの外壁からペンキを取り除くために吊り足場の上で作業していたクライアントが、吊り足場の片側を固定していたロープが切れて7階から落下したというケースにおいて、裁判長がクライアントを支持する略式判決を下したことを承認した。 裁判所は、足場が故障し、”原告が直ちにハーネスを使用するよう指示された証拠はない “として、ハーネスを固定しなかったクライアントだけが悪いとする弁護側の主張を退けました。 この事件は、手すりを完備した足場を提供しなかった場合と同様に、労働法違反であると裁判所が繰り返し判示している、完全な高さの手すり/パラペットを提供しなかったことから、特にここに当てはまるものと考えます。

Chrabaszcz v. Western Loft Equities, et al.、ニューヨーク郡最高裁判所(2010年12月20日)。 クライアントが足場の上で釘打ち機で乾式壁を設置する作業中、足場が不意に動いた際に、足場がサイドレールを欠いていたため、足場から転落させられた事例において、労働法240条1項に基づいて、裁判長がクライアントに責任を認めた。

Salem v. Port Authority of New York and New Jersey, et al, Supreme Court, Bronx County (April 11, 2016).の事例。 足場上で作業中、足場の一部が崩れて落下させられた依頼者に対し、労働法240条1項に基づく責任を認めた裁判。

Ksepka v. The City of New York, et al, ニューヨーク郡最高裁判所(2015年4月20日) 学校の外壁に取り付けられた垂直の梯子を安全帯を着けずに降りていたところ転落し、梯子のステップが壁から十分に離れていなかったため、クライアントが梯子のステップに足の一番前だけを置くことができたとして、労働法§240(1)の責任を認める裁判が下されました。 建設現場で天井から型枠を取り外すためにバールを使用していた際に、クライアントは、ブラケットもなく安全が確保されていない梯子から転落したという事案において、労働法240条1項に基づき、裁判では、クライアントに対する責任が認められました。

Malfitano v. Extell West 57th Street, LLC, Supreme Court, New York County (September 25, 2015).の記事。 下の階と上に建設中のコンクリートデッキの間を斜めに走る無担保の伸縮梯子からクライアントが転落した事案で、労働法240条1項に基づいて、裁判長がクライアントに責任を認めました。

Rodriguez v. Concourse Flatiron Associates, LP, Supreme Court, Bronx County (February 23, 2015).この裁判では、クライアントは、労働法240条1項に基づいて責任を認められました。 建物の天井からシートロックを取り外す梯子作業中に、雨漏りで濡れたシートロック全体がクライアントと梯子の上に落下し、クライアントが梯子から転落して負傷したとして、労働法240条1項による責任を認めた裁判。

Paszko v. Roman Catholic Church of St. Ignatius Loyola, Supreme Court, New York County (October 20, 2014). 裁判で、学校でクラウンモールディングを塗装中、閉じたAフレーム梯子から下から滑り落ちた依頼者に足場法に基づく責任を認めた。

Darcy v. SL Green Realty Corp., et al, Supreme Court, New York County (September 16, 2014). 裁判では、クライアントが作業中に移動した無担保のオープンAフレーム梯子から転落したクライアントに対し、足場法に基づく責任を認めた。

Aulet v. 405 W. 53rd Development, Supreme Court, Bronx County (March 26, 2014). 裁判では、柱から取り外していた重い鋼鉄の型枠が外れて、作業中の安全でない梯子から落下し、クライアントと梯子を直撃したクライアントに対して、足場法に基づく責任を認めました。

Grant v. City of New York, 109 A.D.3d 961 (2d Dept. 2013). 裁判所は、ニューヨーク市の学校の講堂で電気工事をしていた際に、固定されていない直立梯子から約15フィート落下したクライアントに対し、足場法に基づく責任を認めました。

Knapik v. Column 75, et al, Supreme Court, New York County (December 19, 2013).

Ostrowski v. Sutton Hill Capital, et al, Supreme Court, New York County (October 17, 2013)は、クライアントがバスルームで作業中に揺れ動いたオープンAフレーム梯子から落下し、足場法上の責任を認めた。 4317>

Lugo v. Sunbyrd Realty Corp, Supreme Court, Bronx County (August 29, 2013)足場法上の責任を認めた。

Davis v. CPS 1 Realty GP LLC, et al, Supreme Court, New York County (July 29, 2013).

Dobrzyn対City of New York, et al.の裁判において、労働法240条1項に基づき、クライアントに略式判決を言い渡した事例。 ビルの外壁にレンガを積んでいた際、作業中の足場が不適切に固定されていたため、取り付けられていた壁から外れ、負傷したクライアントに対し、裁判では足場法に基づく略式判決が下された。

Felix v. Independence Savings Bank, 89 A.D.3d 895 (2d Dept. 2011). 配管工であるクライアントが、建設現場の床の穴に足場の車輪が滑り込んだ際に足場から転落した事件で、裁判所は足場法に基づいてクライアントを支持する判決を下した。

Wraclawek v. JNK-Grand, LLC, Supreme Court, New York County (October 5, 2011).

Gaynor v. One Bryant Park, LLC, Supreme Court, New York County (May 25, 2011)は、クライアントが天井の高さでアルミニウム製の直線のはしごを使って作業中に、はしごの底が滑ってクライアントが地面に落下し、負傷したケースで、労働法§240(1)で、裁判がクライアントに責任を認めました。 クライアントが、天井から吊るされたハンガーにパイプを取り付けるためにAフレーム梯子で作業中、梯子が壊れて倒れ、怪我をした場合、労働法240条1項に基づいて、裁判ではクライアントに責任が認められました。

Romanczuk v. Metropolitan Ins. and Annuity Co. 建物の屋根にある隔壁にアクセスするために使用していた足場には、彼が立つのに十分な板がなく、落下を防止し保護するための他の安全装置も提供されていなかったという足場法に基づいて、裁判所はクライアントを支持する判決を下した。 裁判では、労働法§240(1)に基づき、クライアントが作業中の歩道橋の合板サイドパネルの1つが破損し、そこから10~12フィート落下した場合に、クライアントに責任を認めた。

Kaminski v. Carlyle One, 51 A.D.3d 473 (1st Dept. 2008)。 もう一つの重要なケースは、彼が同僚と共に建設していた歩道橋のサイドパネルを再調整しようとして負傷したクライアントを支持する判決を下したことである。 裁判所は、「側面パネルに釘を打つために橋の側面から身を乗り出す必要性から生じる落下の危険から彼を保護する安全装置を提供しなかったことは、足場法上の責任につながる」と述べ、さらに、同僚は足場法上の安全装置ではないとの明確な判決を下した。 裁判所は、固定されていない梯子から転落したクライアントに対し、足場法に基づく責任を認めました。

Ranieri v. Holt Construction Corp. クライアントは板金労働者で、固定されていない梯子から落下して負傷した。 裁判所は、「適切に固定された梯子や安全装置を供給しなかったことが、彼の転落の近因である」として、クライアントに有利な責任認定を行う権利を与えた。

Curte v. City of New York, 21 A.D.3d 1050 (2d Dept. 2005)。 原告は、スタテンアイランドのHuguenot駅にある列車の架台の修理の一環として「コンクリートを削っていた」。 近くの列車の通過による突風で防水シートが原告の梯子に圧力をかけ、梯子が立てかけられていた壁から離れ、この動きによって原告は把持を解かれ落下しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top