Thursday Feb 03, 2022

Why I got a Vasectomy… at age 25.

パイプカットを決意してからもう2年以上になりますが、過去を振り返ることはありません。

世の中には子供が必要だと言われたり、子供が作れないから女の子に相手にされないと言われ、悲しくなったことは何度かあります。 でも、そういうときは、なぜ自分がそうしようと思ったのかを思い出し、それが自分にとって正しい選択だったのだとすぐに安心します。

今日、私がなぜ、同年代の人があまりやらないことをあえてやったのか、よく覆い隠されてしまう話題に光を当てることを期待して、お話しします。 私がこれまで付き合った女の子はほとんど全員、避妊手術によるホルモンバランスの崩れから、うつ病や不安神経症を患っていました。 愛する人にそんな思いをさせたくないと思い、自分で避妊の役割を担うことにしました。

2. 避妊は男女の平等な責任だと思うのですが、どうでしょうか? 私の中では、男女はすべての面で平等です。 確かに、男女の間には大きな違いがありますが、一方がなければ存在し得ないものであり、責任は両性に等しくあるべきだと思います。

私は簡単なスニップをすることができますし、私の女性の相手は毎日薬を飲み、膣にプラスチックのリングをつけ、お尻にパッチをつけ、または類似の手段のどれかを身につけることができるのです。 これらはすべて、私の処置よりも時間とエネルギーを消費する手段です。

また、女性の避妊にはお金がかかるので、男女とも平等にその費用を負担すべきです。 (長期的な避妊を望む女性には、IUDが私が見つけた最良の選択肢で、最長12年持続します)

3. 私は製薬業界を支持しない。 避妊具のために多くの女性が直接受ける悪影響のほかに、世界は製薬業界の被害を受けています。 毒素は私たちの体に悪影響を及ぼし、その影響は水系に流されても続き、人間、動物、自然環境に影響を及ぼします。

人類の健康と幸福は儲かる事業ではないはずですが、製薬業界は10億ドル、1兆ドル規模の産業です。 お金がそれほど大きな要素である場合、優先順位はしばしば歪められ、私たち市民の真の健康が第一優先であるとは思えません。

私は西洋医学、特に緊急時のための場所があると思いますが、現在使用されているように、私は可能な限りそれをサポートしないことを選択します。

4。 人々は時々私に、私はまさに子供を持つべきタイプであり、世界をより良い場所にするために子供を育てることができるからだといいます。 私の使命はまさにそれであり、地球を私たち全員にとってより幸福で健康な場所にすることですが、そのために自分の子どもは必要ありません。

そのかわり、私は大衆を教育し、互いに、そして地球を尊重して扱うよう鼓舞することに時間を捧げています。 たとえば、教室で何百人、何千人もの子どもたちを育てる手助けをしている何人かの先生を例に挙げてみましょう。 そのような教師は、すべての子供が自分の子供であるため、ポジティブな影響を与えるために自分の子供を必要としません。 私も同じように思います。 子供を持つことよりも、他にやりたいことがたくさんあるんです。 それだけで十分な理由です。

6. 地球上には人が不足していない。 人口は現在70億人で、どんどん増えている。 毎秒5人が生まれ、2人しか死なない。 爆発的に増加する人口は、将来的に事態をより厳しいものにする可能性があり、すでにそうなりつつあるようです。 私自身は、人口を増やす必要性を感じていません。

私は、子供を育てることは信じられないほど美しいことだと思うし、素晴らしい人々を育てることに人生を捧げ、環境に優しい方法でそれを行う親に最大限の敬意を表することをはっきりさせたい。 私たちには子供が必要であり、知的で思いやりのある子供が必要なのです。 現在、あるいは過去にこのような人々を育てたことのあるすべての人に感謝します!

7. もうゴミを作りたくないです。 避妊具産業は、コンドームやその包装紙から、ピルや類似製品のプラスチックパッケージまで、たくさんのゴミを生み出しています。 これらのものはすべて埋立地や、さらに悪いことに、私たちの街や水路に捨てられてしまうのです。 私はゴミのない生活を目指しており、これはそのライフスタイルのごく一部なのです。 私がゴミを作るのをやめるために選んだ方法は100以上あります。 私はパイプカット手術を受けることはないと思いますが、もし受けると決めたら、妊娠できる確率は少なくとも50%で、95%の成功率と主張する医師もいるそうです。 保険が適用された 保険がなくても、手術は平均して300ドルから900ドルと、とてもお手頃です。 子供を育てたり、女性の避妊を数十年するのに比べたら、とんでもなく安上がりです。

10. 子供を産む方法は他にもある。 もし自分が子供を産むなら、養子を迎えて絶望している子供を助ける方がいい。 しかし、もし自分の子供を産むと決めたら、子宮内と体外があります。 私が理解したところでは、医師が極細の針で精子を採取できるようになったため、精子を凍結する理由は少なくなっています。 それは良い情報ですが、私もそのような手段を取ることはないでしょう。

11. 性生活には影響しない。 まあ、私の性生活がより良くなったということを考慮に入れれば別ですが。 精管切除術は、射精の際に精子が精液と出会うのを防ぐ精管を切断するだけです。 それでも精液はオーガズムで出てくるので、それが射精の95%くらいを占めています。

人間の体内では今でも精子が作られており、射精時に精巣から出ないため、常に体内で再吸収されている。 オーガズムもそうだし、射精も全てにおいてそうだ

それだ。 だからパイプカットをしたんだよ。 私は他の誰かにパイプカットを受けろと言うつもりはありませんし、それが世界の問題のすべてを解決するものだとも思っていません。 しかし、自分の子供が欲しくない人のための選択肢であり、私の個人的な経験と考えを分かち合いたいと思いました。

これは別の問題ですが、ここで少し性病について議論する必要性を感じています。 セックスをする人は、性病に感染したり広まったりしないように、必要なすべての責任を負うことを強くお勧めします。

コンドームのような保護具を使うことは、STDを防ぐための明白な手段ですが、それ以上に深い意味があります。

オープンで正直に話せる性的パートナーを一人だけ持つことは、STDを避けるための素晴らしい手段です。 必要であれば、あなたとあなたのパートナーの両方が検査を受け、その結果を紙面で共有することで、二人とも性病に感染していないことを確認することができます。

性的関係において正直さは絶対に必要であり、明らかに他の誰かとセックスし、その後パートナーとセックスすることは、パートナーを危険にさらすことになります。 パートナーと話す言葉には、ぜひ忠実であってほしいと思います。

判断力と教育も性病を予防する素晴らしいツールで、コンドームを使っても性病にかかる可能性があるので、私の意見ではコンドームより重要なツールだと思います。

性病のリスクが高い層があり、その中には薬物のために針を使う人や、免疫力が低下している人が含まれます。 意識してください。 また、アルコールや薬物は、性病につながる判断力の欠如に関与していることが多いので、避けることが知的な方法となります。

意識、合理的な思考、自己管理、適切な判断は、セックスや人生のあらゆる場面で非常に重要です。 これらのスキルをすべて実践することをお勧めします。 性病や偶然の妊娠を防ぐ最も効果的な方法は、セックスをしないことです。

若い視聴者のために、私がセックスをする前に高校を卒業したことをお話ししたいと思います。 私は19歳で初めてセックスをしましたが、精神的に準備ができ、思いやりのあるパートナーと一緒になるまで待つことをお勧めします。 また、”憧れの人 “になるために、”憧れの人 “になるために、”憧れの人 “になるために、”憧れの人 “になるために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top